RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

BSマイタウン通信

名古屋で出版と古本屋を一人でやっている後期高齢者のジジイ。金はないけど暇はある。思うがままに綴る日常とは……。
●当店の「ホームページ」は以下をご覧下さい。
http://www.mytown-nagoya.com/
●店主の近況・心境はフェースブック「舟橋武志FB」をご覧下さい。
https://www.facebook.com/profile.php?id=100011622374849
<< 自転車 | main | ママチャリで桶狭間、中止に >>
「自転車大好き」創刊号のご案内
0

     

    「自転車大好き」創刊号の目次と編集後悔記

    ご案内・4月1日刊

    B5判・62頁、本体500円+税(200部制作)

     

    https://www.facebook.com/profile.php?id=100011622374849

     

    https://twitter.com/MytownNagoya

     

    創刊号目次

     

    【明智光秀特集】誕生地・岐阜県可児市へ

    ジジチャリで日帰り、小さな旅=2

    “もう一つの”誕生地・恵那市明智町=11

    レトロな町、日本大正村を歩く=16

     

    【歴史を掘る】人気急上昇、光秀ゆかりの地

    ・町民こぞって光秀びいき(恵那市明智町)=20

    ・光秀ゆかりの明智城は可児市(同市瀬田地区)=22

    ・光秀は岐阜の美山町に生きのびていた!=24 

    ・光秀さんは村の開拓者(山県市美山町)=26

     

    勿怪の幸い 金井敏行=28

    おやじのおさがり 鵜飼昌豊=30

     

    四国の漂流者街道を走る=31

     

    本のちょっと 自転車本『新・自転車“道交法”BOOK』=37

    突発企画・ママチャリで桶狭間=38

     

    みんなで作るわたしのコラム「晴走雨読」=41

     

    三寺社へ初詣サイクリング=45

    同じ青空の下で 心に残る思い出の人たち=50

     

    さあ、原稿を書こう 読者プレゼント=53

     

    〈日記抄〉平々凡々なれども多事多端=54

    えんぴつ・編集後悔記=62

     

    自転車と私と自然と(1)小林培男=巻末

     

     

    編集後悔記

     

     ◆…今日は3月20(金)、春分の日。いま最後となったこの欄を書いている。レイアウトも同時進行しており、どうにかこの三連休の追い込みで4月1日前には出せそう。やれやれである。

     

     ◆…まだ決めかねていたが、季刊にすることにした。1月、4月、7月、10月のそれぞれ1日が発行日となる。頁数も60頁前後でよしとした。無理に背伸びするのではなく「カニは甲羅に似せて穴を掘る」の気持ちで末永くやってゆきたい。

     

     ◆…創刊号は期せずして反省号となった。所々で書いてきたが、飲酒運転で強いおしかりを受けた。まったくその通りで、本誌はこれからはその防止と撲滅の先頭に立ちたい(大きく出た?)。

     

     ◆…「本のちょっと」でも書いたように自転車保険に入った。家族分も含めて1年1800円ほどの支払い。安い金額なので、読者の皆様にもお勧めしたい。

     

     ◆…保険に入っていれば、精神的にも楽である。事故はいつなんどき起きるか分からない。寄稿していただいた金井さんのような幸運はまずないものと思わなくては。

     

     ◆…唐突に「ママチャリで桶狭間」を企画した。せめて10人くらいの参加者があるとありがたいし、やりがいもあるのだが、さて、当日はどうなることやら。ママチャリだから行きも帰りも自転車となり、人によっては結構きついコースとなるかもしれない。参加者はご覚悟を。

     

     ◆…今回は3人の方から寄稿していただいた。今後も続けていけば、もっと増える! と勇気が湧いてきた。本当は締め切りが迫ってきても、投稿の話さえ出てこなかった。こうなったらもう毎号、一人ででも埋めてやると腹をくくっていた矢先のことで、これには大助かりだった。

     

     ◆…創刊準備号で執筆者には特典として定価の半額でお分けすると書いた。しかし、大量・無制限となると大赤字になるので、10冊までと限定させていただくことにした。ご了承下さい。

     

     ◆…原稿は何とか書けるが、表紙は何ともならない。著作権フリーのイラストを貼ってごまかしているが、どなたか「おれがやってやる」という奇特な方はおられませんか。原稿料こそ差し上げられませんが、お中元とお歳暮はフンパツさせていただきますけど。

     

     ◆…地図が何とかならないかと言う人もいた。手書きでみっともなく、自分自身でもそう思っているけど、これもジジイが一人でやっていること。そのうちパソコンをもっと勉強するつもりでいるが、当分はいまのままでご辛抱を。

     

     ◆…長かった冬も終わった。暖冬とはいえ、春の来るのが待ち遠しかった。これからは格好のサイクリングシーズンで、遠出する人も多くなろう。次号の特集は「しまなみ街道」と「自転車ダイエット」の二本立てを考えている。乞う、ご期待!

     

    | 記事 | 15:38 | - | - | - | - |