RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

BSマイタウン通信

名古屋で出版と古本屋を一人でやっている70過ぎのジジイ。金はないけど暇はある。思うがままに綴る日常とは……。
●当店の「ホームページ」は下記をご覧下さい。
http://www.mytown-nagoya.com/
●ブログ「店主の近況・心境」は下記をご覧下さい・
http://blog.mytown-nagoya.com/?PHPSESSID=339e02ce033948d89a844f9756098c40
<< 減らせ、腹囲と体重 | main | 天を仰げない七夕の日 >>
まだまだ頑張ります
0
     アマゾンには出品者だけの交流サイト「セラーフォーラム」がある。「このごろの売り上げはどうですか」との問いかけがあり、「75のジジイですが」として近況などを書き込んでおいた。そうしたら意外にも多くの意見が寄せられた。

     「もの凄い速さで ”いいね” が増えてますね」「75歳でも頑張っていて感心します。お体、お気を付けてください」「個人でも小資本から始められる。貴方のような方のためにこそ、こうした商売のスタイルがあるわけです」等々。

     中には中国の方からの書き込みもあった。出品者は若い人たちが中心だろうが、定年後にやり始めたという人も結構いる。しかし、75にもなると、やっぱり「おじいさん」だろなあ。

     「中国の⚪⚪です。おじいさんの話を聞いて、凄く感心感動しました。うちのおじいさんは私の3歳のとき亡くなったのですが、もしまだいるならおじいさんと同じ年みたいです。もし何か私が役に立つことがありましたら、私なりの力でサポートいたします。おじいさんの話に励まれました。ありがとうございました」

     アマゾンは安売り競争の修羅場だ。いわば敵同士のよう関係だが、同じ土俵で戦う戦友でもある。この「セラーフォーム」は一服の清涼剤となっている。
    | 記事 | 20:58 | - | - | - | - |