RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

BSマイタウン通信

名古屋で出版と古本屋を一人でやっている70過ぎのジジイ。金はないけど暇はある。思うがままに綴る日常とは……。
●当店の「ホームページ」は下記をご覧下さい。
http://www.mytown-nagoya.com/
●ブログ「店主の近況・心境」は下記をご覧下さい・
http://blog.mytown-nagoya.com/?PHPSESSID=339e02ce033948d89a844f9756098c40
<< まだあきらめてはいない | main | 東京へ行ってきました >>
白旗挙げるはまだまだ先
0
     久しぶりにTさんから電話。本の注文だった。声が弱々しく、初めはだれかと思った。

     「年だでもういかんわ。やりたい気持ちはあるけど、頭も体もついてこん」
     「何を言っとりゃーす、Tさんほどの人が。時間のあるこれからが本番ですよ」

     Tさんは郷土史家で名が通り、かつては市町村史などの編纂に携わり、ご自身による著書も多い。この地方の歴史解明に大きな業績を残された。ぼくよりも確か二つ、三つ若いはずだ。

     話をしているうちに、ご謙遜だと分かってきた。現に専門書の注文をされている。これから頑張ってもらわなくてはならないし、こちらも教えてもらうことがいっぱいある。

     「舟橋さん、元気もらったわ。そーしゃ(本を)送ってちょーよ」

     しばらく話した後、電話を切ることになった。最初の言葉は話し始める枕詞のようなものだった。Tさんのこれからに期待したい。
    | 記事 | 11:26 | - | - | - | - |