RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

BSマイタウン通信

名古屋で出版と古本屋を一人でやっている70過ぎのジジイ。金はないけど暇はある。思うがままに綴る日常とは……。
●当店の「ホームページ」は下記をご覧下さい。
http://www.mytown-nagoya.com/
●ブログ「店主の近況・心境」は下記をご覧下さい・
http://blog.mytown-nagoya.com/?PHPSESSID=339e02ce033948d89a844f9756098c40
<< 体力のなさを知る | main | 古くて新しい快癒器 >>
徳山ダムで今浦島
0
     クラブツーリズムの募集した日帰りでの徳山ダム見学会に参加した。ダムは見られても、ダム内部を視察でき、湖上を船で遊覧できる機会はなかなかない。もちろん、初めての体験だった。

     昭和30年代の中ごろから廃村になるまで、徳山村へは20年近く通った。この間に徳山村関係の本を10冊ほど出した。村は消えたが、それなりの記録は残せた。

     船上からかつての村の様子をしのんでも、湖底に沈んでしまって見当もつかない。訪れる人たちもダム観光が目的のようで、村について語る人は少なかった。代わってダムを造る粘土(コア)の採取跡が話題となり、船はそのコア山に上陸することになった。

     ダムの内部へもなかなか入れない。この日は徳山ダムと下流にある横山ダムへ案内された。子供たちがする社会見学会のようで、特に徳山ダムは貴重な体験となった。

     村へ通っていたとき、周囲の山々の上の方に白と赤だったか、板を横状にした看板をよく見かけた。それが完成時の水面の位置を示すものだった。いま湖水はそこにあるわけで、村は深い湖底に沈んでしまい、渇水期でも再び現れることはないだろう。
    | 記事 | 11:15 | - | - | - | - |