RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

BSマイタウン通信

名古屋で出版と古本屋を一人でやっている70過ぎのジジイ。金はないけど暇はある。思うがままに綴る日常とは……。
●当店の「ホームページ」は下記をご覧下さい。
http://www.mytown-nagoya.com/
●ブログ「店主の近況・心境」は下記をご覧下さい・
http://blog.mytown-nagoya.com/?PHPSESSID=339e02ce033948d89a844f9756098c40
<< 諸行無常の響きあり | main | ひいきの引き倒し >>
アウトドアの達人か
0
     受刑者が広島の向島で脱走し、もう2週間以上にもなる。警察をはじめ関係者らの必死の捜索が続くが、いまだに捕まっていない。島には10軒に1軒の割合で空き家があるとかで、そこに潜伏しながら夜間に食料などを盗み出しているらしい。

     初めはすぐに捕まると思っていた。こうなってくるとアウトドアの達人のようなもので、ジャングルに潜んでいた横井庄一さんがだぶってくる。このごろは逃げ通してくれ、との気持ちすら湧いてきた。

     55歳のときにした自転車での四国一周を思い出した。早朝、高松を出て四国山脈を横切り、高知から須崎、そして四万十川の源流を目指して、午前2時ごろに途中の大野見村で体が動かなくなった。近くに小屋があった。真っ暗闇の中を手探りで入り込み、蜘蛛の巣を払って横になった。

     早朝、目が覚めると蚊に食われ、周りでは虫がはいずり回っていた。山中での夜はすぐ目の前にあるものも見えない。逆に見つからないから逃げ通せる可能性は高く、夜間の行動はしやすくもあろう。

     これは思っていた以上に、長期戦になりそうだ。これだけ探しても見つけ出せないとは、逃亡者も並みの人間ではない。このごろは妙なところで感心している。
    | 記事 | 22:51 | - | - | - | - |