RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

BSマイタウン通信

名古屋で出版と古本屋を一人でやっている70過ぎのジジイ。金はないけど暇はある。思うがままに綴る日常とは……。
●当店の「ホームページ」は下記をご覧下さい。
http://www.mytown-nagoya.com/
●ブログ「店主の近況・心境」は下記をご覧下さい・
http://blog.mytown-nagoya.com/?PHPSESSID=339e02ce033948d89a844f9756098c40
<< 山里ににぎわい、久田見祭 | main | 高いけど仕方がない >>
こんなに難しいとは……
0
     預かっていた本を京都まで送ることになった。積むと1メートル四方で高さが1.5メートルくらいになる。普通のライトバンで運べるほどの量だが、本の発送がこんなに難しいとは思わなかった。

     宅配業者に相談すると「箱詰めにしてもらわないと運べない」という。ボックスやキャリアのついたカゴがあり、「それに入れて運んでもらえないか」と聞くと、「業務用で社内的に使うもの」「これでは移動中に荷物を傷め、責任が持てない」と。ダンボールに入れるとなると2、30箱になりそうで、大変な作業になる。

     これでは駄目だ。運送会社に行くと、こちらはまた「パレットに乗せ、サランラップのような業務用のビニールで周りをきつく巻いて出荷してほしい」と言う。パレットなんかないし、これではやりようがない。

     預かる業者は責任があり、傷めないのを最優先する。これももっともな言い分だが、そんなに大げさにすることか。本はハトロン紙で包まれており、近くなら自分で車に積んで運べるのだが……。

     こうなってくると引っ越し専門の業者か、赤帽や軽急便など小回りのきく所か。便利屋という手もあるが、運送まではしてくれまい。どうしよう、困った……。
    | 記事 | 07:12 | - | - | - | - |