RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

BSマイタウン通信

名古屋で出版と古本屋を一人でやっている70過ぎのジジイ。金はないけど暇はある。思うがままに綴る日常とは……。
●当店の「ホームページ」は下記をご覧下さい。
http://www.mytown-nagoya.com/
●ブログ「店主の近況・心境」は下記をご覧下さい・
http://blog.mytown-nagoya.com/?PHPSESSID=339e02ce033948d89a844f9756098c40
<< いよいよ、第五弾 | main | 山里ににぎわい、久田見祭 >>
寺子屋で浄土真宗の歴史
0
     岩倉市の良念寺(真宗大谷派)で開いている「おとなの寺子屋」、今月は休み。来月からは「歴史探索・浄土真宗の遥かなる流れ」と題して話すことにした。2、3年の長期講座になりそうだ。

     「おとなの寺子屋」は3年前からやり出した。実家で弟が跡を継いでおり、兄でありながら逃げたことへの罪滅ぼしのようなもの。ボランティアでこちらも楽しみながらやらせてもらっている。

     これだけ続いていると、話すネタがなくなる。今回は大層なタイトルを掲げてしまったが、やり始めたときからいずれはしたいと思っていた。こちらも勉強をし直すにはいい機会である。

     講座は前編と後編の二つに分け、日本史の大きな流れの中で、浄土真宗の歩みを見ていきたい。前編は「親鸞の開教から東西本願寺の分立まで」、江戸時代に入る後期は「名古屋東別院を中心とした尾張地方の動向」。この間に蓮如の登場や一向一揆、下っては石山合戦や長島の戦いなどもあった。

     尾張は真宗門徒が多く、真宗王国とも言える。親鸞をはじめとする関係者らの足跡や史跡も多く、なるべく地元とのかかわりを拾い上げていこうと思っている。当面の開講日は5月13日、6月17日、7月8日(いずれも日曜日、午後1時30分から約1時間)。
    | 記事 | 06:14 | - | - | - | - |