RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

BSマイタウン通信

名古屋で出版と古本屋を一人でやっている70過ぎのジジイ。金はないけど暇はある。思うがままに綴る日常とは……。
●当店の「ホームページ」は下記をご覧下さい。
http://www.mytown-nagoya.com/
●ブログ「店主の近況・心境」は下記をご覧下さい・
http://blog.mytown-nagoya.com/?PHPSESSID=339e02ce033948d89a844f9756098c40
<< 90歳、現役❕一人出版者 | main | もうかるはずだわ >>
虎渓山永保寺へ
0
     多治見の名刹、永保寺(臨済宗南禅寺派)へ行ってきた。今日は年に一度の一般公開日に当たっており、日ごろは入れないところまでも扉が開かれる。国宝である観音堂や開山堂はまだ内部を見たこともない。

     観光ボランティアの人たちが大活躍だった。いまはどこの名所に行ってもこうした人たちがおられ、訪れる身にはありがたいものである。知らないでいたことをいっぱい教えられた。

     作十郎もこの寺で大活躍している。架橋した「無際橋」はいまのものよりももっと急な坂で、「滑って渡れない」と言われていたほど。座禅堂である「海珠堂」は作十郎の建てたままの姿で残り、棟瓦の側面に施されている菊水の文様まで瓦屋に指示していたと思われる。

     この日、初めて観音堂と開山堂の内部に入らせてもらった。写真では拝見していたが、観音様がいい表情をされている。開山堂では建物内部の特殊な木組にも感心させられた。観音堂は夢窓国師(疎石)の入山1年目に建てられ、国師を祭る開山堂はその死後1年目に足利尊氏によって寄進されている。

     この日は涅槃図や千手観音図をはじめ数々の書画など寺宝も公開されており、多くの人たちで大にぎわいだった。国指定の名勝庭園を前に、何を撮っても絵になる境内である。写真などはフェースブックにアップしておくので、興味のある方はご覧下さい。
    | 記事 | 08:02 | - | - | - | - |