RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

BSマイタウン通信

名古屋で出版と古本屋を一人でやっている70過ぎのジジイ。金はないけど暇はある。思うがままに綴る日常とは……。
●当店の「ホームページ」は下記をご覧下さい。
http://www.mytown-nagoya.com/
●ブログ「店主の近況・心境」は下記をご覧下さい・
http://blog.mytown-nagoya.com/?PHPSESSID=339e02ce033948d89a844f9756098c40
<< ブログが一番好き | main | お役目ご免、7組組長 >>
江南では支援の「本活」も
0
     明日は東日本大震災から7年目。江南市の文化会館でも支援イベントが開かれ、その一貫として市民から寄せられた古本を販売し、売り上げを被災地に送る「本活」が始まった。開催するのは同市の図書館のあり方を考える「江南あおむしの会」。当店では値の付けられないものは廃棄しており、その中からよさそうなものをダンボール箱に詰め、五箱分を持ち込んだ。

     古本市は1階のフロアで開かれていたが、並んでいる本は思っていたよりも少なかった。漫画や文庫本などがほとんどで、5000点にも達していなかったのでは。本は一冊10円以上、CD やDVDは100円以上で売られていた。

     周りではいろいろなイベントが開かれており、多くの人でにぎわっていた。しかし、10円や100円ではこの2日間で大した額にもなるまい。もっとも、金額の多寡が問題なのではなく、その姿勢こそが大切なのは分かるが……。

     早いもので、もう7年になる。マスコミは復興がいまだ半ばでしかないと報じている。被災者に思いを致す一方で、風化してゆくのも心配されている。こう書いている筆者自身も、このごろは支援もカンパもしてこなかったことを反省させられている。
    | 記事 | 12:09 | - | - | - | - |