RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

BSマイタウン通信

名古屋で出版と古本屋を一人でやっている70過ぎのジジイ。金はないけど暇はある。思うがままに綴る日常とは……。
●当店の「ホームページ」は下記をご覧下さい。
http://www.mytown-nagoya.com/
●ブログ「店主の近況・心境」は下記をご覧下さい・
http://blog.mytown-nagoya.com/?PHPSESSID=339e02ce033948d89a844f9756098c40
<< 同人誌製作の内幕 | main | 江南では支援の「本活」も >>
ブログが一番好き
0
     ブログを書くのはセーカツの一部となっている。プログをやり始め、次にツイッター、そしてフェースブックと現在、三つをやっている。中でも自由に書けるブログが一番好きだ。

     しかし、世間の関心はそうではない。いまはインスタグラムがはやりで、ブログ人口は減ってきているとか。そう言われても、写真を載せるだけのインスタには興味が湧いてこない。

     現状を推察すると、ジジイがブログをやり、オッサンがツイッターやフェースブック、若い人がインスタとなるか。「インスタ映え」が流行語となったように見た目が肝心で、長い文章を読んでいる暇などはないということか。時代は勝手に進んでいく。

     力を入れているブログではあるが、大して読まれているわけではない。名もない者の身辺雑記などに、関心を持つ人は少なかろう。これは読んでもらうためではなく、自分自身の記憶と記録のために、もっと現実的にはボケ防止のために書いているようなものだ。

     とはいえアクセス数は気になる。月に平均すると8000から1万前後だが、それでも立ち寄ってもらえるとはありがたいし、書く励みにもなる。やっぱりブログが一番性に合っている。
    | 記事 | 22:41 | - | - | - | - |