RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

BSマイタウン通信

名古屋で出版と古本屋を一人でやっている70過ぎのジジイ。金はないけど暇はある。思うがままに綴る日常とは……。
●当店の「ホームページ」は下記をご覧下さい。
http://www.mytown-nagoya.com/
●ブログ「店主の近況・心境」は下記をご覧下さい・
http://blog.mytown-nagoya.com/?PHPSESSID=339e02ce033948d89a844f9756098c40
<< あれが食べたいですけど…… | main | 学生時代の思い出・バイト >>
学生時代の思い出・家庭教師
0
     テレビでお笑いの春日が東大受験に挑む話をしていた。こんな番組に起用されるのだから、もともと頭はよかったのだろう。学習塾の先生から指導を受けながらの勉強だったが、いまの受験生は難しいことをやっている。

     大学へ入ったとき、小学5年生の家庭教師をした。まずまずの成績を出してくれ、「中学に入ってからも」と頼まれた。が、とても自信がなく「勉学に専念したい」とのもっともらしい理由をつけて辞退した。

     バイトとしてはいい日当だったが、結構ストレスのたまる仕事だった。中学生に教えるにはこちらの能力が足りなくなる。恵まれた家庭で親切にしてもらえたが、続けていくだけの自信はなかった。

     あのころ、グラタンというものがあるのを、生まれて始めて知った。勉強が終わるとコーヒーを出してもらったり、ときには夕食までいただくこともあった。グラタンを口にしたどころか、その名を知ったのもそんなときのことだった。

     名古屋へ出てきた田舎者にとって、家庭教師を雇うような家の暮らしはまぶしかった。グラタンにはほろ苦い思い出がある。そして、いまでもこんなしゃれたものを口にする機会はほとんどない。
    | 記事 | 18:06 | - | - | - | - |