RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

BSマイタウン通信

名古屋で出版と古本屋を一人でやっている70過ぎのジジイ。金はないけど暇はある。思うがままに綴る日常とは……。
●当店の「ホームページ」は下記をご覧下さい。
http://www.mytown-nagoya.com/
●ブログ「店主の近況・心境」は下記をご覧下さい・
http://blog.mytown-nagoya.com/?PHPSESSID=339e02ce033948d89a844f9756098c40
<< 本日に至るもネットは不通 | main | 「作右衛門」名乗る作十郎 >>
越しても越しても高い山
0
     今度の新刊『輝け!団塊世代の老春』(森久士著)が完全にこちらの手を離れた。あとは印刷屋さんと製本屋さんにお任せだ。これで何とか年内にできてくる。

     著者にとっては4冊目の出版。回を重ねるごとに読み応えのある作品になってきている。今回も伏線が各所にちりばめられており、読み手の心をとらえて離さないのではないか。

     カバーの最終チェックで著者から提案があった。それにより「人は棒を持つとうれしくなる ゲバ棒から金剛杖へ」を入れることになった。全共闘世代はいまやお遍路が気になる年ごろでもある。

     ここには元気な団塊世代の老人見習い(❓)が多く登場してくる。みんな著者に似て酒好きで、時間をもてあまし気味のよう。彼らはどう生きてきたのか、そして、これからをどう生きていこうとしているのか。

     年内にもう一つ「影の人 野村作十郎」第5号を出さなければならない。これがまだ取材し終わっていないのがあり、予断を許さない状況にある。執筆・編集が遅れると、年内の製本が間に合わなくなってしまう。
    | 記事 | 18:28 | - | - | - | - |