RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

BSマイタウン通信

名古屋で出版と古本屋を一人でやっている70過ぎのジジイ。金はないけど暇はある。思うがままに綴る日常とは……。
●当店の「ホームページ」は下記をご覧下さい。
http://www.mytown-nagoya.com/
●ブログ「店主の近況・心境」は下記をご覧下さい・
http://blog.mytown-nagoya.com/?PHPSESSID=339e02ce033948d89a844f9756098c40
<< 頼まれて、高級料亭へ | main | よくないのは分かっている >>
ヤブヘビだったこの話
0
     原稿を書いていたら電話。「なんだあ、また」と言ったら、びっくりされてしまった。相手は仕事先の人だった。

     先ほど女房から電話があったばかりだ。てっきりまたかかってきたと思った。よく言い忘れて、かけ直してくる。

     その人に「女房と勘違いし、失礼しました」と平謝りすることに。それを受けて「舟橋さんは店主関白ですね。うらやましい」と皮肉られてしまった。だれからかかってきているかを確認せず、出てしまったのがいけない。

     この一件を女房に話すと「あんたの電話はいつもこわいわ。それだけじゃない。2、30秒ほどしか話さん」と言い出した。いつもしているわけではないが、言われてみれば女房には強く出ていたかもしれない。これからは老舗か百貨店の店員さんのように、女房にも丁重に接しなくては。

     「どちらさまですか。ご無沙汰致しております」
     「さようでございますか。帰りにお豆腐と醤油を買い求めればよろしゅうございますね」
    | 記事 | 16:30 | - | - | - | - |