RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

BSマイタウン通信

名古屋で出版と古本屋を一人でやっている70過ぎのジジイ。金はないけど暇はある。思うがままに綴る日常とは……。
●当店の「ホームページ」は下記をご覧下さい。
http://www.mytown-nagoya.com/
●ブログ「店主の近況・心境」は下記をご覧下さい・
http://blog.mytown-nagoya.com/?PHPSESSID=339e02ce033948d89a844f9756098c40
<< どんな旅になるのか | main | ついにスマホを買ってしまった >>
2キロ太る旅だった
0
     昨夜、3泊4日の旅から帰ってきた。初めて訪れる対馬・種子島・福江島の印象は強烈だった。種子島では雨に見舞われたが、あとは好天に恵まれていい視察旅行となった。

     参加者は50人+α(内閣府、報道関係者、その他)で、約5割がマスコミや雑誌、ネットを中心に活躍している東京の若い人たちだった。中にはパフォーマンス(大道芸)をしている人や種子島で情報誌を出している人などもおり、多彩な顔ぶれだった。70歳前後の年配者はぼくも含めて4、5人だったか。

     各地で大歓迎を受けた。各島内は3台のバスに便乗して回ることになり、多くの個所を訪れることができた。しかし、その一方では駆け足的な視察となり、もう少しじっくり見たいところも多々あった。

     みんなスマホの名人で、最初の対馬ではその日の検索の上位8位か9位に入ったとか。こちらはマックを持ち込んでの旅となったが、対馬の東横インはよかったものの、種子島のホテルでは一斉に使ったからか繋がりにくく、福江では役に立たなかった。これを書き終えたらその一端をフェースブックとツイッターにアップするつもりでいる。

     視察紀行の詳細は今月末に発行する予定の「影の人」第5号に巻末特集するつもりでいる。関係本は担当している日本農業新聞の読書欄にも取り上げてみたい。いま離島が問題であり、注目の的でもある。
    | 記事 | 11:20 | - | - | - | - |