RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

BSマイタウン通信

名古屋で出版と古本屋を一人でやっている70過ぎのジジイ。金はないけど暇はある。思うがままに綴る日常とは……。
●当店の「ホームページ」は下記をご覧下さい。
http://www.mytown-nagoya.com/
●ブログ「店主の近況・心境」は下記をご覧下さい・
http://blog.mytown-nagoya.com/?PHPSESSID=339e02ce033948d89a844f9756098c40
<< 老化を感じるときとは | main | 元の木阿弥、72キロへ >>
想定外、三つどもえの選挙戦へ
0
     民進党が小池新党に合流する一方、左派は立憲民主党を立ち上げた。いよいよ複雑な様相を呈してきた。しかし、政策的にはこれですっきりした感じだ。

     小池の希望の党も第二自民党のようでうさんくさい。これと連携する維新の会はなおさらだ。しかし、安倍政権を倒せるパワーを秘めているのはこの右派野党ということになりそうだ。

     選ぶ方も悩ましい。政権交代を望めば希望の党だが、政策面では面白くない。いさぎよい立憲民主党は共産、社民と連携するものの、それほどの力にはなり得まい。

     野党のもたつきを好機とみた自民党も、こうした展開になろうとは予想していなかっただろう。小池の希望の党も安保や憲法を踏み絵に選別し出したことからこんな事態になってきた。反自公で受け皿は一枚にしておいた方がよかった。

     選挙権を得てから、投じたのは共産党ばかり。みんな死に票になっており、今回もまた同じことになりそうだ。まったく選挙といヤツは……。
    | 記事 | 10:45 | - | - | - | - |