RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

BSマイタウン通信

名古屋で出版と古本屋を一人でやっている70過ぎのジジイ。金はないけど暇はある。思うがままに綴る日常とは……。
●当店の「ホームページ」は下記をご覧下さい。
http://www.mytown-nagoya.com/
●ブログ「店主の近況・心境」は下記をご覧下さい・
http://blog.mytown-nagoya.com/?PHPSESSID=339e02ce033948d89a844f9756098c40
<< 自分で転ぶ車?自転車 | main | 老化を感じるときとは >>
「影の人」第四号、いよいよ
0
     ようやく「影の人」第四号の編集が終わった。今回は46頁と少し少ない。もう1本入れる予定でいたが、取材不足などでまとめ切れなかった。

     先月上旬の発行を予定していた。しかし、他にもやることが多く、これに集中できなかった。約1カ月の遅れとなったが、ひとまず肩の荷を下ろせる。

     4、5日後には出来上がってくる。自分で言うのもナンだが、小冊子ながらかなり力を入れており、中身は充実していると思う。今回は作十郎が死後に「従四位」を贈られていたというのが“目玉”か。

     職人で追贈されるとは異例のこと。名人として職人が各種の賞を受けることはあっても、位階までを授かった人はいないのでは。生前に岩倉殿役所からもらった「五位」よりもはるかに高い評価だ。

     近年で「従四位」をもらった人を拾うと、作曲家の吉田正や古賀政男、大相撲の千代の富士らがいる。その偉大さはだれもが承知していよう。それに匹敵するかと思うと、こんな人がなぜ埋もれたままになっていたのか、と思えてくる。
    | 記事 | 07:08 | - | - | - | - |