RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

BSマイタウン通信

名古屋で出版と古本屋を一人でやっている70過ぎのジジイ。金はないけど暇はある。思うがままに綴る日常とは……。
●当店の「ホームページ」は下記をご覧下さい。
http://www.mytown-nagoya.com/
●ブログ「店主の近況・心境」は下記をご覧下さい・
http://blog.mytown-nagoya.com/?PHPSESSID=339e02ce033948d89a844f9756098c40
<< 酒なしでも楽しく生きられる? | main | 新発見、萬蔵さんの寄進物 >>
酒は副作用のない睡眠剤だった
0
     昨日の話のついでに。酒をやめて、困ったことがある。床に就いても、なかなか眠れないのだ。

     飲んでいたころは、床に就くやいなや、スコーンと眠れた。あの快眠ぶりがない。20分、30分は眠るにも眠られず、あれやこれやと考えながら過ごすようになってしまった。

     まだそれで寝付けるのならいい。ときには1時間も2時間も目がさえて、どうしようもないことがある。こんなときは酒の力を借りたいと思うのだが、いまは家に酒がなく飲むに飲めない。

     せっかく眠れたのに2、3時間で目覚め、それから眠れなくなるのもしょっちゅうある。そんなときには真夜中でも起きてしまい、本を読んだり雑用などをしたりすることになる。そうこうするうちに眠くなり、朝方になってから寝たりもする。

     睡眠は酒を飲んでいたころよりも不安定になった。寝ても覚めても朝方は頭がボーッとしていることが多い。神経をリラックスさせる酒ならではの効用は大きかったと言わざるを得ない。
    | 記事 | 09:44 | - | - | - | - |